• 勝てるオンラインカジノ精密データ1
  • 勝てるオンラインカジノ精密データ2
  • 勝てるオンラインカジノ精密データ3
  • 勝てるオンラインカジノ精密データ4

オンラインカジノのシックボーはアジアで人気が高いです

シックボーはアジア圏で人気が高いオンラインカジノのゲームです。

日本では大小やタイサイの名で知られています。

シックボーはアジアで人気が高い

このシックボーは中国で開発され、漢字では骰寶と表記して、宝のサイコロの意味です。マカオや韓国などの本場カジノでも人気があるゲームです。シックボーは三個のサイコロを使い、そのゲームのルールは三個のさいころを使うという至ってシンプルなもので、ディーラが3つのサイコロをシェイクして、プレイヤーはその出目の合計数が、大か小なのかを当てるというものです。

ここで大は出目の合計数が11以上、小は10以下を指します。しかしシックボーの賭け方はこの方法ばかりでなく、トータルの合計数や出目の数に賭ける方法もあり、その方法によって配当も異なります。

宝のサイコロ

シックボーは日本の時代劇ドラマによく出てくる丁半に似ています。丁半はさいころの出目が丁か半を予想し、丁は偶数、半は奇数の出目数になります。シックボーのベットの方法は多数あり、初心者の場合はどう賭ければいいか迷うものです。そこで初心者はナンバーベットをプレイすることをお勧めします。このナンバーベットは3つのサイコロの出目の内で、1つの出目を当てるベット方法です。

サイコロの数字と賭けた数字があっていれば、2倍の配当がもらえます。三つのサイコロを使うと数字が重なって出る時があります。例えば2に賭けて、サイコロが二、二、五と出たら配当が三倍になり、出目が三つ同じ数字の場合は4倍の配当をもらうことができます。ナンバーベット以外に初心者にお勧めするのは大或いは小のベットの方法で、これは配当が二倍になります。三つのサイコロの合計数が4から10なら小であり、三つのそれの合計数が11から17なら大です。

但しサイコロの出目がゾロ目なら大小の掛け金は回収されてしまいます。

この他にもシックボーにはいろいろな賭け方があるので、プレイヤーの好みによってどんな方法をとるかを決めましょう。

シックボーにはいろいろな賭け方がある